売るときにもオタクの価値観って出るなぁ~とメルカリをやってみて思った話

最近メルカリを利用し始めた。

ヤフオク

今までしっかり物を売った経験がなかったが、近々引越しを控えており身の回りのものを整理するのでそれならちょっと売ってみるか〜と始めた次第だ。

こういうのに慣れていないのでとりあえずやり方が簡単そうな漫画から手を出している。

百合漫画を売るつもりは早々ないが、一般の漫画やキャンペーンや特典狙いで複数買いしたもの、間違って二冊買ってしまったものをとりあえず売ってみた。

そのときに思ったことのチラ裏です。

 

 

売る側になって思ったのは、買うときだけじゃなくて売るときにもオタクって出てくるなぁということ。

少しでも高く売りたいという考えはちょっと浅ましいというかお金に対する貪欲さみたいなのが前面に出ちゃってなんだかなぁと今までは思っていた。

しかしあれは別に100円でも多くのお金を得たいというわけじゃない。

大切なコレクションをちゃんと価値を認めてくれる人に譲りたいのだ。

 

5000円で買ってくれる人と5500円で買ってくれる人がいるなら後者に売りたいに決まっている。 誰だってそうする。自分だってそうする。

でもそれは500円儲けられるからというわけじゃない。 後者の方が価値を認めてくれているからだ。

買う側にいた自分は自分が価値を認めたものに対しては見合っただけのお金を出せることを知っている。 そしてその人なら自分の品物を大切に扱ってくれるだろうということもわかる。

だから少しでも高くお金を出してくれる人に売りたいという気持ちがわいてくる。

 

前に友人が大事なコレクションのテレカをヤフオクで手放すときに、なかなか値段が上がらないのを見て「好きなものに2000円も払えないなんてどんな人生送ってきたんだよ!!!そんな価値観でこの先人生楽しめるわけないだろ!!!」とブチギレていたがこの言葉はとても心に沁みた。

彼は太いオタクなのでオタクは好きなものに対しては生活を削っても金を出すことを身をもって知っている。 そんな人が買った後にコレクションを大事にしないわけがない。

 

少しでも高く売る。

これは一見転売ヤーと同じような行動に見えるが、彼らのような安っぽい欲望で動いてはいない。 これはオタクの美しく気高い感謝の精神だ。

彼は100個近いコレクションを一つ一つオークションに出品していた。 発送までの手間を考えるとそうとうめんどくさかったと思う。 その原動力にはコレクションへの感謝の心がある。

 

 

昔ブックオフに漫画を持っていって「一冊10円なので3冊30円です。」と言われたときのぐぬぬと思った気持ちの正体がやっと今わかった気がする。

あれは全然儲けにならなかったから悔しいということじゃなくてあの血湧き肉躍る冒険活劇が10円?と漫画の価値を低く見られたことに納得がいってなかったんだな。

さらに言えば店に売る場合、誰が買うかわからないしそもそも買ってくれるのかもわからないのでとりあえず処分したという感覚になってしまう。

それに比べてメルカリは直接相手とやりとりできるので大切なものを託すという安心感がある。 この安心感は処分では得られない。

 

 

しかし実際にメルカリをやってみて思ったが正直結構めんどくさい

いくら一冊数百円で売れるとはいえ、仲介手数料の10%はデカいし送料は出品負担が多いので差し引くと利益は少ない。

手間も考えたら全部まとめてブックオフに持っていった方がいいのかもしれない。 そちらの方が総合的に見ておトクな場合もあると思う。

 

でも一冊10円で買い取られるのはやっぱり違う。

向こうからしたら一日何百冊と売られる本の一つかもしれないが、こちらにとっては大切なコレクションだ。

大切なコレクションなら買ったとき、所有しているときだけでなく最後まで面倒を見るべきだ。

売るときもちゃんと価値を認めて、大事にしてくれる人のところへ送り届けたい。

これこそがオタクの本懐じゃないだろうか。

 

 

今のところは身の回りの物を処分しているだけなので大切なコレクションを売る気は全く無いが、もし万が一手放さなくてはいけない状況になったらヤフオクとかで一つ一つ大事に送り出してあげたい。

それこそがオタクとしての最後の役目であると思う。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

ヤフオク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。