おねロリよくばりセット【パルフェ2 おねロリ百合アンソロジー】

突然ですが、現在連載中のおねロリを紹介しても構いませんね?で紹介した『柚子森さん』、『ご主人様と獣耳の少女メル』の連載が終わってしまった。

しかし悲しむことはない。

何故なら私たちには・・・『パルフェ』がある!!!!

パルフェ2 おねロリ百合アンソロジー (百合姫コミックス)

おねロリだけをお腹いっぱい食べたい!!

バイキングで気に入った料理だけを皿に盛るが如く、欲張りな発想!!

そんな食いしん坊に応えるためのアンソロジー、『パルフェ』がとなって帰ってきた!!!

 

 

以下感想をいくつか

 

 

・桃ちゃんは毎日うちにやってくる / めの

出会って以来ロリに一目ぼれで毎日おしかけるおねとそれに振り回されるロリの話。

IMG_0153

ただでさえ弱ってるロリの姿に庇護欲ドバドバ状態なのに、こんなセリフ言われて落ちないおねはおらん! いやもう落ちてるけど。

 

心が子供から大人になりつつあるロリの成長への不安とそれを包み込むおねの温かさがとても素敵でした。

最後ちょっとウルッときちゃったよ。

 

・落ちたよ★レアドロさん / 藤枝雅

ゆるふわ~な甘えん坊おねと表情の少なめなロリがひたすらゲームしながらイチャイチャ。

超絶カワイイ空間。 漫画からいい匂いがしてくる。

雰囲気ではあまりおねとロリの差を感じないのですが、おねがロリを抱きしめたときの身長差がそれはもう紛れもない説得力があってやっぱりおねロリだなぁと思いました。

ロリの子が彼女という立場にこだわっているのがとても微笑ましかったです。

 

・あの子はとりこ / 玉崎たま

あ・・・この導入どこかで見覚えが・・・。

『パルフェ』クソ雑魚ツンデレおねの話だ!

前作の中でもお気に入りの話だったのでよく覚えてる。

IMG_0154

ロリの家を訪れた手土産に宝石輝く高級な指輪を渡すという、さっそく頭悪いことしてて笑ったw

(これでもっとメロメロにしてあげる)

このおね・・・ついに本気で落としに来た・・・! 方法はアレだけど!

しかしロリの前では回りくどいやり方や駆け引きは通用しません。

ストレートな表現ができないクソ雑魚ツンデレのおねにとってはなかなかの難敵。

 

眩しいくらい真っ直ぐなロリとそれに赤面するおねの図がとてもかわいかったです。

最後のコマの破壊力よ。

 

・声はいらない / irua

スイミングスクール講師の代打のおねと生徒のロリの話。

自分だけ上手く泳げず、来週のテストのために練習に付き合って欲しいとおねに居残りレッスンをお願いするロリだが本当は・・・。

やられた!

一瞬で二人の立場をひっくり返すロリの鮮やかな手腕はお見事という他ない。 正に小悪魔

「お・い・で」

こうして1人のおねが甘い毒牙の餌食になってしまった。

おねロリ界には度々おねを軽々と手玉にとる蠱惑的なロリが存在するのだ・・・!

 

・こどもとコドモ / おぎ

毎朝交差点でおねにしょうもないちょっかいをかけるロリ。

気になっちゃう子にいたずらしちゃう小学生のアレですよ。

自分の存在に気づいて欲しいやつ〜。安易な好きの裏返し〜。 年相応の可愛さがあって微笑ましい。

IMG_0155

おねが歳の余裕を見せつけてロリを手玉にとるのもすごくアリですよね。

おねにマウントを取られてしまったロリの次の日からのリアクションがめっちゃ見たすぎる・・・。

 

というか輪郭太めのこの画風めっちゃストライクなんですが。

何か他に漫画とか描かれてるのかなと思って調べてみたけど作者にたどり着かなかった・・・。

 

・半透明少女遺伝子 / 岩見樹代子

友人の妹に一目ぼれされたおね。

おねはロリの好意をいいことに、赤ちゃんを作る練習としてキスを迫る。

おねが好きな故に何でも従ってしまうロリの危うさ、ロリを弄ぶおねの小悪魔さが合わさりとてつもなく悪いことをしているように見える。

見開き1ページかけてまるまる焦らし。

顔を隠し、唇だけを見せることによって二人のムードがますます煽情的に。 この圧倒的イケナイ感。

キスシーンに対する強いこだわりを感じました。

 

・姉の秘密 / 伊藤ハチ

『パルフェ』では表紙を飾り、トップバッターとして産卵するロリの話をぶち込んできた伊藤ハチ先生。

今回は最初じゃないんだなーと思っていたらトリだったんですね。

果たしてどんな話でシメてくれるのやら・・・。

 

IMG_0156

fin.

じゃねーよ!!!!

おねロリアンソロジーの最後にこんな・・・こんなおねロリ持ってくるのアリ???

読んでて呼吸が止まっちゃうんじゃないかと思うくらいの重さ、息苦しさ。 読んではいけないものを読んでしまったかもしれない。

最後にこれ読んだら頭の中全部吹っ飛ばされるわ。

 

このアンソロジーでずっとおねロリの話を読んできた読者に対して、最後に伊藤ハチ先生が「おねロリとは何だ」という哲学的な問いを投げかけてきました。

 

もうここにきておねロリがわからなくなってきた。

おねロリって何?????

 

 

というわけで『パルフェ2 おねロリ百合アンソロジー』でした。

伊藤ハチ先生、暴れすぎ(褒め言葉)。

パルフェの先陣を切り、パルフェ2のトリを務めたことでおねロリを始め、おねロリを終わらせたみたいになりましたね。

って書くともう続巻が出ないみたいになっちゃいましたが、せっかくナンバリングしてもらったのでこの調子でパルフェ3、4、5・・・とどんどん続いていって欲しいなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

910otr5xPmL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。