三角関係の良さは修羅場抜きじゃ語れないでしょ【透明な薄い水色に】

ご めん しゅんくん なんか ごめんね

 

岩見樹代子先生の『透明な薄い水色に』です。 絵柄が非常に好みだったので買いました!

表題作である『透明な薄い水色に』と『エプロン』、そして『エプロン』の前日譚、後日談である『遮光』を収録。 こういうのは中編集っていうのかな? よくわからない。

 

一応男が出てきますので注意。

以下感想

・透明な薄い水色に

幼馴染の三人組、律、一花、駿の三角関係が主題の物語です。

家も隣同士、幼稚園から高校まで一緒の仲良し三人組ですが、最近一花と駿が付き合いだしました。 というところからお話は始まります。

IMG_8413

男ががっつり相関図に絡んでくるタイプかー。 自分は地雷って程でもないけど好んで読むかと言われると・・・という感じですね。

 

 

すげーわかりやすい修羅場だ~~~~~!!!!

IMG_8414

自分は修羅場シーンとか見ると「うわぁ・・・」って感じじゃなくて「うわ~~~~うっわやりおったやりおった!!!!うっわ!!!!!」ってなってしまう。 簡単に言うとすごく興奮する。

これ多分自分だけじゃないよね・・・? みんなは修羅場シーン読んでるとき、どんな心情なんだろ。

 

やっぱり三角関係の醍醐味一番おいしいところと言ったら修羅場ですよ。

二人きりの状況で寝てしまった一花、自分の気持ちを抑えきれない律、どう見ても一線を越えそうな部屋へ呑気にリンゴを届けに来る駿。 今入ったらやべーんだってマジで!!

読んでいるこっちの呼吸が止まってしまうような緊迫感がたまらないですね。

男が出てくるということで、展開次第では「あ・・・無理かも」となる可能性もあると思ってましたがこのシーンで一気に惹き込まれました。

 

 

IMG_8416

おお~~~~言うねェ~~~!!!! 面と向かって自分のエゴを言える律好き。 スカッとする。

同性という壁に阻まれ、一花と今以上の関係を望むことができない律は幼馴染という関係を保つことしかできない。 そんな彼女にとって「でも俺は引かない 一花が好きだから」という駿の台詞がどれだけ絶望的であったか。

神様に二人が別れることを願うことしかできない律を思うと胸が締め付けられる思いです。

 

なんか全体的に耳へのこだわりすごいwwww

IMG_8417

耳かき、イヤホン、耳舐め・・・。 強いフェチズムを感じます。

 

 

IMG_8418

テーマは三角関係ですが、男はあくまでも壁として立ちふさがるだけであり、ちゃんと話の幹は百合でした。

お互いに傷つけ合い、離れたりもしながらも最終的に一花が律のところに訪れたときの優しい時間は言いようもない幸せな気持ちにさせてくれました。

 

あと「ふっお幸せにな・・・」といって立ち去るタイプの男は、以前だったらそれでこそ男の鏡や!と思いましたが、駿に関しては普通に少し可哀そうだなと同情してしまいましたw

だって付き合ってるのに神様に「一花がちゃんと俺を好きになりますように」と願ってしまうくらい一花が駿のこと見てないんだもんwww 百合漫画だからしょうがないね。

 

・エプロン

バイト先の先輩がどうしようもなく好きな女の子の話。

こちらもなかなか修羅場あり、胃がキリキリするような場面ありで読み応えありました。 状況が二転三転する息もつかせない展開に夢中で読んでしまいましたね。

こちらも男が出てきます。 クズって程ではないですが、あまり好かれなさそうな性格してますw

IMG_8419

特に先輩の純真さの象徴である白いエプロンに茜がケチャップをぶちまけるところはたまらなくよかった。 何回でも言うけどこういう強い感情をぶつけるシーン、めちゃくちゃ好き

一度読み終わった後は、次に中条に注目して読むと初めに読んだ時とはまた違った面白さがあってよかった。 一話で二度おいしい的な。

 

というわけで『透明な薄い水色に』でした!

途中でも書いたんですけど、男が出てくると知って「あ~~」くらいのノリで読んでましたが、そんなことどうでもよくなるくらい話の展開が好みでした!

衝撃的な展開への惹き込み方が上手すぎる! やっぱり修羅場いいわぁ~。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

91EcYHlXYyL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。