百合は読む時代から体感する時代へ【百合+カノジョ】

ねぇ、アナタが好きよ。

百合+カノジョ (Beコミックス)

百合体験アンソロジーということで個人的に気になってしょうがなかった『百合+カノジョ』です。

『ふゅーじょんぷろだくと』から出版されてるんだけど、ここは結構BLメインで出してるらしいのね。

だから一般のコーナーには絶対ないと思ってBLのコーナーを探したんだけど、BLコーナーが自分にとってもう魔境って感じだったw

周りは全く知らない出版社だらけだし、画面はとにかく男だらけで心細いの何のって。 アウェイ感もヒシヒシと肌に刺さる。

あの空気で本を探し続けるのはなかなか辛かったなぁ・・・。 しかも結局百合コーナーにあったというね。

以下感想

・概要

女性同士は特殊な世界? ・・・でも、同性だからこそ頼りになる先輩や、いつだって眩しく感じる人には誰だって心当たりがあるはず。

淡い想いが気が付けば強い独占欲になっていてもおかしくはない。魅力を制限できるものがないように、アナタの気持ちを制限するものもない世界。

自分対キャラクターで楽しめる体験型アンソロジー

百合の体験が目的のなかなか新しいアンソロジーです。

概要からわかりますが、百合男子はお呼びじゃなさそうです。

わかってますわかってます。 わかってて買いました。

 

執筆陣は以下の通り(敬称略)

・蓮井、英 邇子、瀬里あゆこ、fuku、ひむら、ぴゃあ、春祈、松公、由姫ゆきこ、鳩町わこ、小道 明奈、瀬尾みいのすけ、はち助、さかざわあや、ヤマ、くろこだわに、リク、みはる、樺山、そらね

 

読んでみた感想ですが・・・。

あ~~~なるほど。 こーゆー感じね。

百合の体験って聞いてたからノベルゲーの主人公みたいな没個性の子といろんなヒロインがイチャイチャするのを眺めるのを想像してたけど・・・。

 

IMG_8280

ここまでしっかりした体験型とは思わなかったよねw

主人公の台詞一切なし(喋っているような描写はある)、視点は一人称のみが全ての話で徹底されてます。

例えるなら読むVR百合

設定は高校の先輩と後輩、仕事の同期、同棲、居酒屋の店員や電車などそれはもう様々で、どの話も5ページと短いので短編というよりは好きなシチュエーションのワンシーンを体感できるといった感じです。

内容はほぼイチャラブ満載でお好きな女の子と好きなだけ甘々な時間を楽しめます。 

 

 

百合男子の自分が読んでみてどうだったかというと・・・。

何となくそんな予感はしてましたが、正直に言うとあまりハマらなかったかなw

そもそもお前向けに作られてないんだから当たり前だろ!!って言われそうですが正にその通りです。

 

前の記事で 「百合男子は、自分を作品の世界から排除することでしか百合漫画を読めない」と言いましたが、そんな百合男子が百合体験アンソロを読んだらどういうスタンスに行き着くのか、が気になって読んでみたわけですが。

無理やり登場人物の中に入れられた結果、主観の違和感が気になってむしろ話に入り込みにくかったです。

自分は主観に入れられるならやっぱり部屋の観賞植物がいいですね~。 第三者として物語を楽しむ方が向いてます。

 

しかし百合夢という百合の1ジャンルを盛り上げてくれたことは大きいと思います。 Twitterの評判もなかなか上々ですし。

正直百合夢という界隈は馴染みが無さ過ぎて、お恥ずかしながらこの本が出るまで全く知りませんでしたw

まさか自分と女の子で百合するというジャンルがあるなんて全く思いもしなかったw

でも女の子同士を題材にした分野ですから、女の子が女の子とイチャイチャしたいという需要があるのは当然だと思いますし、これはこれでさらに盛り上がってくれたらと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

61maZE2mXBL

6 thoughts on “百合は読む時代から体感する時代へ【百合+カノジョ】

  1. おーらんどー

    新年早々、失礼しますね。

    「百合男子は、自分を作品の世界から排除することでしか百合漫画を読めない」、う~ん、「排除」という強い言葉より、むしろ「無化」あるいは「空気化」といった方が相応しい気もしますが、どうでしょう(あるいは、キャラ自体に感情移入するのではなく、キャラ相互の関係性を間主観的に楽しむとか(自分でも何を言っているのか分からなくなってきましたが(苦笑)))

    あと、私も「百合夢」というジャンル(?)を始めて知ったのですが、「百合女子」の方すべてが、「百合夢」的主観で百合を読んでいるのか、という点も気になってしまいましたね(「百合男子」と同じスタンスな「百合女子」もいると思うのですが…)

    Reply
    1. セイジロウ

      確かに「排除」というよりは
      作品の世界に入った上で自分の存在を消すという意味で「空気化」の方が正しい気がしますね!w
      この話題は話せば話すほど、自分が何を言っているのかわからなくなるときがありますねw

      今まで考えたことはありませんでしたが、百合夢というスタンスが存在することを知ったら気になってしまいますよね。
      カプとして読んでいるのか、単にかわいいというだけなのか、自分を当てはめて読んでいるのか、一度誰かに聞いてみたいですねぇ。

      Reply
  2. ジャン

    新年明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    百合夢というジャンルは考えにも及びませんでしたねー。
    私の視野が狭かったせいでしょうか?
    私の個人的な百合オタの基本的スタンスとしては
    「自分」という存在はあくまで観測者及び視聴者という第三者的な立場であり
    そこに自分が介在してはいけないという鉄則の掟があると思っております。
    なのでどちらかというと私も百合夢はちょっと違うかなあという気はします。
    私がその子と仲良くしてどうすんねん!という気持ちが先に立ってしまいます。
    楽しみ方は人それぞれですので一概にこれが正しいとはいえないのですが。
    新年早々偉そうな長文失礼しました。
    今年も良い百合年でありますように!

    Reply
    1. セイジロウ

      明けましておめでとうございます。
      いつもコメントありがとうございます!たくさん百合の話ができてとても嬉しいです。
      こちらこそ今年もよろしくお願いします。

      みなさんの反応を見る限り、百合好きでも百合夢というジャンルはあまり浸透してないんですかね~?
      百合は第三者として楽しむものというスタンスがあると自分が物語の主人公になるという発想はあまり出てこないですよね。
      でも百合夢的な百合音声は前から見たことありますし、自分が気づかなかっただけでちゃんとジャンルとしては存在していたのかもしれません。
      まぁ結局は自分が好きなように自分の好きな百合を楽しめればみんな幸せですね!w

      コメントありがとうございました!

      Reply
  3. おーらんどー

    また、失礼します。

    偶々読んだ、藤沢誠先生の「矢印のゆくえ」という同人誌に、百合女子のお姉さんキャラが出ていて、そのお姉さんに「自分は推しカプを見守りたい派であって、夢派ではない」という下りがあって、やっぱり百合女子でもいろいろいるんだと改めて思いましたね。
    そもそも、腐女子の人たちが、男同士の「カップリング」に萌えるって、「見守りたい派」に似ているところがあると思っていたのですが、近しい感覚はあるのかもしれませんねぇ。

    Reply
    1. セイジロウ

      百合男子にも俺嫁厨や見守る派等の派閥があるのと一緒ですねぇ。
      俺嫁と見守る派は相いれなさそうですが、百合女子の間でもそういうのがあるんですかねー。

      百合もBLも根本はあんまり変わらないのかもしれないですね。個人的には俺嫁派よりも腐女子の人達の方が話が通じるのかなと思ってます。
      いや、あまり知らない界隈について語るのはやめた方がよさそうなのでここまでにしておきますw

      コメントありがとうございました!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。