私の百合はお仕事です! 2巻

ふざけんな ずっと黙って見てたんだ 私を 裏切ったくせに 私を

私の百合はお仕事です!: 2 (百合姫コミックス)

 

未幡先生の『私の百合はお仕事です!』の2巻です! 

先に言いますめっちゃ良かった!! そりゃあみんなよかったよかった言うわ・・・。

表紙は陽芽の涙を拭う美月の姿。 1巻に続き表紙詐欺かと思いきや・・・?

これ以上はやめておこう。 それは私の語るべき物語ではない。 

 

以下感想(ネタバレあるので注意)

1巻のヒキでとんでもない爆弾が投下されました。 美月の正体は、小学生時代に陽芽が周りから浮く原因になってしまったクラスメイト矢野でした。

2巻はヒメの小学校時代の回想から始まります。

 

この頃から既に周りから好かれるノウハウを知っていた陽芽は、転校してすぐに人が集まって来るようなクラスの人気者になります。

放課後、陽芽はクラスの少し堅物な女の子矢野が教室でピアノを弾いているところを目撃します。

ピアノを通じて距離を縮めた二人は一緒に合唱コンクールの伴奏をすることに。

 

矢野との時間が増えると、矢野を嫌いなクラスのみんなとの時間は減っていく。

クラスでの体裁を気にするヒメは矢野とクラスの間で次第に消耗していきます。

 

クラスメイト達との約束をわざわざ矢野の目の前で断るシーン。

IMG_7259

おお~~。 やることがエグくていいね~~。

小学生でこれができるってなかなか才能ある(何の)

陽芽「私が嘘つくってこと覚えててね」

そして次の日、矢野から非難の矛先を反らすためにヒメは伴奏を辞退します。

全ては矢野のため

 

しかしそのクラスメイトとのやりとりをこっそり聞いていた矢野は、みんなの前でヒメが嘘をついていると糾弾

ついでにみんなの誘いを断って矢野と遊んでいたこともカミングアウトします。

陽芽オワタwwww

 

うーむ、想像してたより結構キツい過去ですねぇ。

「私が嘘つくってこと覚えててね」ってセリフは私がみんなの前で話すことは建前だから気にしないでねっていう矢野のための言葉なのに、まさかこのようにひっくり返ってしまうとは。

小学生が嘘を武器として使うのは早すぎたのでしょうか。

でもこの回想シーン良かったです。 やっぱり濃い背景がある方が話に説得力も出て引き込まれやすい。

 

 

話は現代へ。 美月があの矢野だったと知った以上、今までのような接し方ができるわけもなく。

二人の間は険悪になり仕事にも支障が出るほどに。

まぁあの過去があるんじゃあ、ちょっとやそっとのきっかけじゃ直らないよなぁ・・・。

 

IMG_7260

くぅぅううううう!!!!

正直に言わせてもらうとこういうマジ喧嘩というかもはや言葉を選んでる余裕もないような激しい感情のやりとり、ぶつかり合いがどうしようもなく好き。 大好き。

もうね、つけ麺の大盛りを食べてるような力強い心の充足感がある。

このガチギレ具合がたまらないのよな。

裏表紙の雰囲気だとトムとジェリーみたいに「仲良く喧嘩しな」くらいのイメージだけど、本編だとどちらか階段から突き落とされるんじゃないかくらいの修羅みがあります。

何とかしてカフェの雰囲気を戻そうとする橘先輩が可哀想すぎるwwww

 

 

初めて美月とヒメが出会ったときのシーン。

IMG_7261

サイコみある・・・。 あんな別れ方して会いに来るわけないやん・・・。 屈託のない笑顔が逆に怖い。

 

美月に好かれたかったという自分の気持ちに気づいた陽芽ですが、カフェでの不仲な様子から美月から無理やり姉妹をやらされているという噂が立ってしまいます。

小学校時代と同じ状況に陥った陽芽は客の前で自分の素直な気持ちを伝えるという大胆な手に出ます。

IMG_7262

エンダーーーーーーー!!!!!

やはり小学生の思い出のタメがあるからこそ、得られるカタルシスもひとしおというものです。

あの回想がなかったら、ここまでの盛り上がりは感じなかったと思う。

こんな展開になるとは1巻のときには思いもしなかったですね。

IMG_7263

そしてこのピロートーク感溢れる事後の語らい! 君たち距離近くなり過ぎじゃない!!!???

険悪に始まり、さらに険悪を極めたあとにいきなり彼女みたいな近さ。

この漫画ね、百合をテーマにした仕事という題材、裏表激しい系女子×裏表激しい系女子とかいろいろ要素あるけど、自分の中でツボだったのが先輩後輩かと思ってたら実はクラスメイトっていうところなんだよね。

ヒュンって近くなるじゃん!距離が!ヒュンって!!

読んでるこっちが「ああ、まだあんなに遠いな」って油断してる隙にガードする間もなく一発もらいました。

 

今まではラブコメの波動はなかったですが、美月のガードを崩したことによりここから話が次のステージへ移っていくことが楽しみでなりませんね。

調理済みのツンデレ堅物が見られるかと思うと胸熱

あと2巻分くらいまるまるイチャイチャしててもかまわないくらい。

 

そして二人がどんないい展開になろうとも決して笑わない子が一人・・・果乃子!! 既に重いオーラが出てますが一体どうなるのやら。

 

というわけで『私の百合はお仕事です!』2巻でした! 1巻のときも面白かったですが、正直2巻の展開はめちゃくちゃ面白かったです。

読んでて「うおぉ・・・」と言ってしまうぐらいに。

やっぱり喧嘩と先輩後輩からのクラスメイト要素がハマったみたいです。

あ、あとカバー裏めっちゃ良かったです・・・ホント。 ホントすごくよかった(語彙)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

51VrZVzXtwL

4 thoughts on “私の百合はお仕事です! 2巻

  1. おーらんどー

    う~ん、確かに盛り上がったのですが、あとがきにも書かれていましたが、全体のペース配分や伏線の仕込みのタイミング等が上手くいかなかったためか、1巻とのギャップがありすぎな感じが…
    あと、陽芽と美月はこれで一件落着、というわけではないですよね。
    そこに、果乃子がどう絡んでくるのか、また、純加はなぜシュベスターを持たないのか、そこら辺も含めて、まだまだ未幡先生にとっての正念場が続くような気がしますね。

    Reply
    1. セイジロウ

      確かに1巻の展開はすごく詰め込まれている感じがあったので2巻のあとがきを読んだときは納得しました。
      当初の予定通り、美月の正体が矢野のところまで1話でやっていたらもっとすごいことになっていたでしょうねw
      果乃子、純加等まだまだ展開はありそうですが、とりあえず話の展開は一回落ち着いたのでこれからじっくりと描いてもらえたらと思いますね~。

      コメントありがとうございました!

      Reply
  2. ジャン

    更新お疲れ様です。
    作者様が初めての2巻ということらしいですけど割と設定がしっかり
    作られていて感心しました。
    2巻も凄く良かったですね!最初読んでるうちは胃がキリキリする感じでしたが
    終盤で一気にニヤニヤのオンパレードでした。
    にしてもシトラスといい今月の百合姫コミックの最終ページは何か不穏な終わり方多い気がします(笑)
    果乃子が今後どう絡んでくるか期待ですね。

    Reply
    1. セイジロウ

      個人的にはせっかくわだかまりが解けたのでしばらくはイチャイチャしてほしいのですがそうもいかないでしょうね・・・。
      この巻で結構ガチな修羅場をやっていたので、果乃子が絡む場面もガチガチの修羅場になることは間違いなさそうですw

      コメントありがとうございました!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。