ふたりモノローグ 1巻

ふたりモノローグ(1) (サイコミ)

やっと出た~~!! ツナミノユウ先生の『ふたりモノローグ』です!

出るまで時間かかったね!

あと早速実写ドラマの1話が先行配信されましたね。

そちらの感想もあとでちょろっと。

っていうかこの表紙

尊さ測定器

5000兆点

ただでさえポップみ限界突破で可愛くて最高だと思ってたけど、実際手にとってみると背景に透明でツルツルの文字が浮かび上がるようになってるんだよね。

本編の狂気が少し見え隠れする(でもかわいい)という乙な仕様。

装丁が最高

装丁がいいと所有欲もバキバキ満たされるし、売ろうってなってもつい手元に残しておきたくなる(売る気なんてさらさらないですが)。

これ今年買った漫画で装丁一番いいかもしれん。

 

以下感想

・主なキャラクター

麻積村ひなた

スクールカーストにおいてヒエラルキーの低い地味子。 根暗

ある日隣の席のギャルが、昔仲が良かった御厨みかげであることに気づく。

 

御厨みかげ

昔ひなたが適当に言った「私達一生親友でいようね!」という言葉を信じ続け今でもひなたのことを溺愛しているギャル。 根暗。元

はおとなしい子だったが転校した間にギャル化したため、しばらくひなたには気づかれなかった。

 

一見するとヤンキーと地味子の組み合わせなんですが、この漫画の一番の面白さは二人の思考がどっちも粘っこいところだと思うんですよ。

ひなたはあまり人と喋らないから頭の中で考えをネチャネチャさせがちってのはわかるんだけど、ひかげがガワをギャルに整えただけで中身は根暗ってところが面白いですね。

IMG_6502

この手の人間が集まるとハンターハンターばりのしょうもない心理戦が始まるよねw  読み合いのしすぎでお互いに牽制し合ってしまうというw

いやーわかるよその気持ち。 自分もそうだから

飛行機の肘掛けとかで「あ・・・この人ひじ掛けから腕がちょっとこっちにはみ出してる・・・百歩譲ってそのひじ掛けは譲るとしてなんでこっちのパーソナルスペースまで侵害するかなぁ・・・っていうか通路側で自分専用のひじ掛けあるんだからそっち使えばいいのに・・・」とかネチネチ考えちゃうタイプね。

思わず、いいから声かけちゃえよ!っていいたくなるんだけど、そんな二人のオドオドした距離の縮め方がすごくくすぐったくてたまらないのです。

みかげがギャルになった理由もひなたの一番になるためにオシャレでかっこいい女子を目指した結果ってところが優しい世界で素敵だよね。

IMG_6505

基本的にどっちも根暗で引っ込み思案なんだけど、いざというときしおしおになっちゃうみかげと土壇場で一歩踏み出せるひなたのギャップもよい。

きっとひなたのそういうところにみかげは惚れたんだろうな~。

この巻にはまだ載ってないけど喫茶店ジーリョの話とか大好き。

 

 

IMG_6503

ああ~~~これやります~~~~!!これやっちゃいますね~~~~行き詰まった状況で話しかける時のカウントダウン~~!!

なんだろう…すごく共感できるんだけどなぜか苦しいw

この二人を見ていると、時々自分を見ているような感覚に陥ります。

世の中見ていて楽しいあるあるだけじゃないんや・・・。

 

IMG_6507

語彙がすごい。 あと喋ってないけどがうるさいw

みかげの百面相とひなたに対する尊さ高速詠唱はこの漫画の見どころの一つです。

ひなたの挙動一つ一つがみかげにクリティカルヒットしてて笑うw

でもギャグ漫画に見せかけてときどきいい話持ってくるから卑怯。

『地球SOS!!人類を救え!!』とかめっちゃハートフルストーリーで心がホコホコになった。

人との距離の取り方がわからなくなったみかげのトラウマがひなたで溶けていく様が綺麗でな・・・。

しかもそのきっかけが昔のひなたの言葉っていう。感動しちゃったもんマジで。

 

みかげの友人であるザ・ウェイ系、ひなたの友人で闇属性佐呂間も主役の二人に負けず劣らずいいキャラ出してます。

洸は空気読めなさそうに見えて、結果オーライのパスを出すのかと思いきやほんとに空気を読めなかったり、佐呂間は私利私欲で動いたつもりがなんだかんだ上手くアシストしたり。

イイ感じに二人の仲を取り持ってくれてます。

あと佐呂間は実写でどうなるのかすごく楽しみ。

 

そういえば実写も見ましたよ!! 面白かったです!!

基本的に原作通りなんだけど尺とか間とか実写で違和感ないようになってて、よくある原作のシーンをそのままやったら間延びしたとかそういうのがなくてよかったです。

あと百合度でいえば原作の話よりも高かったですねw

それはもう百合ん百合んでしたよ。 妄想でしたが。

でもナイスアレンジだったと思います。 こういう改変なら大歓迎ですね。

10月からの放送にとても期待が持てます!

まだ見てない人は是非! Youtubeでも公開されてますよ! こちら

 

というわけで『ふたりモノローグ』1巻でした!!

大好きな漫画だったのでいつ単行本が出るのかと待ってましたが、なかなか出てくれなくてすごく焦れてましたw 結構長かったよね。

今の段階でもう2巻分の話はあると思うので次は早く出てくれるといいですけど、ドラマの方でも忙しいと思うのでひかげの言葉を借りると「ゆっくり待ちますわい 時間はたっぷりあるわけだし」って感じですかねw

二巻はドラマを見ながら気長に待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

51emfNIWkxL

2 thoughts on “ふたりモノローグ 1巻

  1. ジャン

    更新お疲れ様です。
    セイジロウさんの記事を見て前から気になっていたので購入したのですが
    もう素晴らしいの一言につきますね。
    ひかげの引っ込み思案な部分とひなたの土壇場での行動力、この二つが合わさってこそ尊み(ひかげリスペクト)が増してる気がします。
    ストックも溜まってるようなので2巻も早く出していただきたいですね。
    今年は良質な百合漫画多くて出費がやばいっです(笑)
    あと個人的には佐呂間ちゃんが1番好きです、もっと場をかき乱して百合修羅場を作って欲しいです。

    Reply
    1. セイジロウ

      いやほんとに素晴らしいですよね!w
      おっしゃるとおり、いざってときにこの二人の対称性が出てくるところが味わい深いです。
      佐呂間ちゃんは何というかキャラが激しすぎて一周回って普通のことをしてるところが好きですねぇw

      百合漫画に恵まれすぎて笑ってしまいますねw
      7月とか百合漫画ラッシュすぎてお財布が嬉しい悲鳴上げてましたw百合は生活費なので気にしないですがw
      コメントありがとうございました!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。