妹の愛が重すぎる系姉妹百合、完結【小百合さんの妹は天使 4巻】

美琴に迫る魔の手。そしてついに明かされる美琴の秘密とは。

IMG_2947

伊藤ハチ先生の『小百合さんの妹は天使』の4巻です。

コミックフラッパーで完結したので最終巻となります。 ちなみにこの表紙はアニメイトの特典です。

最初聞いたときはびっくりしたけどね。

3巻を読んでてなかなか話の核心には触れられないなぁーと思ってたけど、まさか次巻で完結なんて!

貴重な姉妹百合が終わってしまった・・・。

まぁ伊藤ハチ先生の新しいおねロリも始まったことだし、次はそっちを楽しみに生きていくとしますかね。

以下感想(ネタバレ注意)

 

なんと草薙さんの狙いは美琴ではなく小百合さんだった!

美琴を引き込むことで小百合さんの気を引くとか、小百合さんを落とすにはまず妹からみたいな発想じゃなくて単に美琴が小百合さんと触れ合っていたからという理由から溢れる狂気

前巻の「やっと会えた 私の天使」って小百合さんのことを言ってたのね。

 

IMG_2939

小百合さんに魔の手が迫る!怖い怖い!

小百合さんって単に喪女してたのかと思ってたけど草薙さんの回想によるとそういうわけじゃないのね。

この辺の回想を読んでから改めて3巻を読むと、いろいろ伏線というか、最初から小百合さん狙いだったんだなぁとわかります。

 

IMG_2940

そして始まる仁義なき戦い

怖い怖い!小百合さんの妹は天使ってこんな怖い漫画だったっけ? いや、こんな漫画だったな・・・。

IMG_2941

なんかすごいワードがサラッと出てきたー!産道て!圧倒的な立場の違いを表明すると同時に義理姉妹派擬似姉妹派戦線布告ゥー!

そのあと、さっきまで闇に溢れて元気だった草薙さんが完全に戦意折られてて笑った

そりゃあ実の妹にそんな台詞言われたら勝てる気しないわ。

勝敗を分けたのは孤独な小百合さんが好きという自分本位の愛と、小百合さんを孤独にしないために天使になるほどの献身的な愛の差かな。

愛の歪み度でいえば、割とどちらもどっこいどっこいだと思います。

 

全然関係ないけど伊藤ハチ先生の描く、草薙さんみたいな落ち着いた大人のカッコよさが表れてる女性すごい好き。

なんていうか、こう、おねロリが映える

おねロリたち

ロリを愛でるお姉さまたちの図

 

 

草薙さんともいい感じに丸く収まり、二人を邪魔するものはいなくなった!

満を持してのイチャイチャ仲良しデート!

IMG_2949

うえええええ!二人とも可愛すぎる。1巻に比べると小百合さんの楽しそうな表情増えたなぁ。 美琴が来てくれてホントによかったと思う。

誓いの言葉も誓いのキスもロマンチックですごい萌えた。

萌えたけど、この辺から美琴が近づく別れを意識しつつあるのがすごい切ない。

だってもうこの世のいとまごいみたいになってるもん!

IMG_2954

そして・・・あぁ・・・ついに・・・。妹に優しくリードされる姉・・・いい

小百合さんが「嫌じゃないって思っちゃったから困ってるの」って言った時の美琴の顔が完全にスイッチの入った顔だったw

あと小百合さんは完全に恋人の顔になってた。

初めの頃はメガネがないからよく見えないだの、羽が暑いだの言ってた小百合さんがねぇ・・・やっとここまできたんだなって。

っていうかセ○クスって言い過ぎでは?と思って数えてみたら、この巻だけ(おまけ含む)で9回もセ○クスって単語が出てきたw

こんな漫画だったっけ?w いやこんな漫画だったな・・・。

 

しかし突然美琴は涙をこぼし、このままではお姉ちゃんに触れない、と結局姉妹エッチは無しに。

そして次の日小百合さんが目を覚ますと隣に美琴の姿は無かった・・・。

IMG_2951

わああああ!予想はしてたけども!

美琴の愛が重そうな小百合さんだったけど、いざこうやって美琴がいなくなってみると小百合さんも美琴がいないとダメになってるのが萌える。 もう孤独には戻れないね。

IMG_2946

男鹿くんちゃんんんんんんんんんん!!男鹿くんが現れたときの救われ感ときたら! これだから王子様はカッコよくて困る。

小百合さんを支えられるように、美琴は男鹿くんにだけ記憶を残しておいたってことでいいのかな?

でも最初から男鹿くんに美琴の羽が見えてたってことは、美琴が霊体のときから男鹿くんに目をつけてたのかな?

まぁ男鹿くんのイケメンは24時間営業だからね。当然だね。

そしてついに二人は再会。  お父さんとのわだかまりも無くなり、めでたしめでたし。 二人は幸せに暮らしますとさ。

病み上がりだからか、体質なのかまだちょっと体が弱そうだけど愛するお姉ちゃんが入れば全てなんとかなるでしょ。

早く良くなっていろいろしなきゃいけないこともあるしね。いろいろ。

 

というわけで小百合さんの妹は天使。完結です!

天使になってやってきたヤンデレじみた妹との姉妹愛というちょっと変わった設定でしたが、伊藤ハチ先生の可愛らしい画風も相まって全編に渡り温かいイチャラブが繰り広げられており、姉妹百合好きの自分としてはかなり楽しめました。

美琴の激プッシュに少しずつ心が揺れてく小百合さんがめっちゃ良かった!

姫子ちゃんと男鹿くんのペアもめっちゃ好き!

3T(ツリ目、ツインテ、ツンデレ)の姫子ちゃんが王子様キャラの少女の部分で落ちるってのがツボでした。 まさに百合らしくていいよね。

この巻に関しては少し展開が駆け足気味かな?という気もしました。

だって後日談がないいいいい! 男鹿ペアの話も1ページしかないいい!

個人的にはあと1話くらい欲しかったですがまぁいろいろな事情というやつなのでしょう。

でも百合雑誌ではない一般雑誌でここまでしっかりとした百合漫画(しかも姉妹百合)が描けるというのはなかなか貴重だと思います。

『やがて君になる』や『あの娘にキスと白百合を』のように一般誌でも話題になっている百合作品が出てきているので、百合雑誌が百合姫しかない今、代わりにと言ってはアレですが、もっと一般誌からも百合作品が登場するといいなぁと思います。

最近はWEB漫画とかもアツいですしね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ 

8181bwA8guL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。