この百合を読まずには死ねない【あの娘にキスと白百合を 1巻】

今の百合シーンにおいて一番熱い百合と言っても過言ではないと思います。

 

缶乃先生の『あの娘にキスと白百合を』です。

一回読んでみたらわかると思うけどこんなん絶対流行るわって思ったよね。

この漫画は群像劇になっていて、主人公を中心に巻毎にいろんな人にスポットライトが当たるようになってます。毎巻主役が違うのでせっかくだし一巻ごとに紹介したいと思います。

 

 

・だいたいのあらすじ

一年C組 白峰あやか 常に努力を怠らず、中等部ではどの分野でも成績は一番、そして清く正しいその姿は正に歩く品行方正。周りからも慕われ、廊下を歩けばみんなが噂をする程の生徒のお手本のような女の子。

IMG_8905

 

――――しかし高等部ではそうはいかなかった。

高等部から入ってきたクラスメート、黒沢ゆりね。隣の席でいつも寝息を立てる彼女は正に天才中の天才であった。

IMG_8906

難関大の問題をその場ですらすらと解き、教科書は一度読んだだけで全て暗記、勉強だけでなく体育、美術等の分野でも半分寝ながらの状態でトップに立つ。さらに圧倒的な努力でその座を掴んできた白峰さんとは違い、黒沢さんは一切の努力なしに全てのジャンルにおいて白峰さんを差し置いて頂点君臨しているのだった。

 

教室で寝ている彼女の元には常にあらゆる部活からの勧誘がひっきりなしの状態だった。しかし全ての勧誘を断り、部活には入らないと言う黒沢さん。彼女は知っていた。今までどんな部活に入ろうと、優秀すぎる彼女はその才能故に孤立してしまったことを。チートすぎるその才能は周りとの距離を作ってしまうのだ。

IMG_8907

そしてせっかく受けたクラスメートからのカラオケの誘いも断りかける黒峰さん。しかしそこで隣の席の白峰さんが行ってみたらどうかと声をかける。

IMG_8909

ここで白峰さんの品行方正スマイル炸裂

これがよォ~~く効いたッッッ!!

 

以降白峰さんは黒沢さんに懐かれるようになる。しかし今まで努力で完璧を勝ち取ってきた白峰さんにとって黒沢さんはどうしても許せない相手であり、倒すべき敵である。しかし何だかんだ嫌な気がしないのも事実。自分は完璧でなくてはいけないという気持ちとの間で白峰さんは揺れる。

IMG_8911

 

そんな中、期末テストの結果が発表される。頂点を取り戻すために圧倒的な努力を重ねた白峰さんの結果は2位だった。親、周りの期待に応えられなかったと沈む白峰さんに一位の黒沢さんは「がんばったんだね」(悪気無し)と声をかける。

何かがはじけた白峰さんは突然自分のテストをびりびりに破き、自分は完璧でなくてはいけないと思わず気持ちを吐き出した。

IMG_8912

悪いけど自分は天才だから負ける気はしないと答える黒沢さん。

この言葉でスイッチが入った白峰さんは黒沢さんを倒すと宣言。

IMG_8913

これもよォ~~く効いたッッッ!!

 

初めて自分を倒すという人に出会った黒沢さんは思わず壁ドンキス

IMG_8914

自分を倒して見せてねと約束し、楽しそうに立ち去る黒沢さん。

白峰さんは嫌いな黒沢さんのことで頭がいっぱいになってしまうのだった。

 

・天才VS秀才

惹かれ合う天才と秀才。完璧な存在じゃない自分なんていらないっていう白峰さんに対して、完璧じゃない白峰さんも好きだよみたいな安易なこと言わないのがいいよね。あくまでも自分を倒してくれることを楽しみにしてるところ。

待ってたんだよ!黒沢さんは白峰さんのことを!出会う前からずっと!

黒沢さんは多分白峰さんの持ってる向上心みたいなのに惹かれたんだよね。頂点に立つ天才は持ってないものだし。

 

IMG_8915

やべー!死ぬ死ぬ!こんなん死ねるわ。私の初めてをもらってくださいを天才風に言うとこうなるのか・・・。ほんとに白峰さんのことを待ってたんだね。

 

IMG_8916

犬じゃねーか!はい、犬です。黒沢さんは白峰さんをスキスキなところめちゃいいよね。好きよりスキスキ。白峰さんとそれ以外に対して反応が違い過ぎて笑う。

 

IMG_8917

白峰さんと遊びたかったのにいなかったの図。正にうなだれた子犬。約束とかしないで遊ぼうと思ったときにすぐ相手のところに向かうのもなんか犬っぽい。あとスキンシップ激しいとことか。

でも成績の話になると急に天才の顔になって妥協はしないとことかもいいね。

もうこの二人の破壊力高すぎるわホント。

 

・青春感すごい

この漫画を一言で表すなら青春だよね。人と近づいたり、人とぶつかったり。時に甘く、時に酸っぱく。傷ついたり病みそうなときもあるけどそこも含めてキラキラしてていい。変に重くなったりしないので、読んでるこっちが沈むとかそういう漫画ではないです。

あとスポーツしてるときの構図とか、心理世界の描写とか、背景とか全体的にすごく凝ってるなぁと感じました。これで新鋭ってホント?そりゃあプッシュもされるわ、と納得。

 

一巻ではこの白黒コンビの話が半分と、白峰さんのいとこでありルームメイトである陸上部の瑞希さんとそのマネージャーの話が半分です。こっちもすごいよかったのですがさすがに長くなるのでここではやめましたwまぁあとでまた出てくるしね。姫と騎士いいよね~。

この漫画は一巻が出たときからすぐに話題になり、人気作となりました。この推され具合、ドラマCDも既に4つも出てるしもしかしたらアニメ化に近いのかな?と思います!なれ!

以降の巻もどんどん紹介していきたいです!まだ読んでない方!完全にに乗り遅れてますよ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったらポチっとお願いします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合漫画へ

91HxSeMreQL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。